game

スマートフォンもしくはパソコンでもできるVaingloryはオンラインで戦うゲームなんですが、…

スマートフォンもしくはPCでも遊ぶことができるVaingloryはオンラインバトルゲームなんですが、Vaingloryで遊んでいる際に悪意のある外国人はなぜそんなことをするの?とほぼ毎回唖然とさせられます。どうしてなのかもしれないのですが常に同じころ合いで攻めてきます。そのため、もしかすると自分が下手くそすぎるのでは?と正直、頭を痛めています。どうするのがベストだろうとゲームのたびに私なりに考えているけれど今までと思うほど効果がないのでどうしたら煽られなくていいのか工夫してみたのですが、やり返すのは駄目でした。だから、結局は放っておくのがどんな行動に出るよりも最適だという答えが出ました。そのような忍耐はないという方は煽り倒せばいいらしいです。ただし、自己責任ですが(笑)

スマートフォンのアプリの恋愛アドベンチャーゲーム、囚われのパルマは、…

スマホゲームである体感型恋愛アドベンチャーゲーム、囚われのパルマですが、実は最近女性の間で話題になっているアプリです。この囚われのパルマはとことん出てくる相手の男の顔がイケメンなのがセールスポイントです。スチルも本当に美麗でこれって本当にアプリなの?実際はスマホアプリではないでしょ、と真面目にアプリかどうか怪しんじゃうほどなのです。それに加えて、プレイヤー自身が選んだ選択肢によって男性の返す言葉や男性に差し上げるプレゼントなんかが異なるので、プレイごとに全く持って別人のようなドキッとするような顔をしてくれる、というところも見どころなんです。

スマホのゲームですごい人気のある『PUBG Mobile』・・

スマートフォンのゲームアプリで世界的に人気の『PUBG Mobile』は、30分前後、100人で生存をかけて銃で戦ってキルしていくバトルロイヤル型の対戦ゲームです。このゲームのプレイ中はイヤホン・ヘッドセットを付け、周囲から聴こえてくる発砲音や足音、車のエンジン音といった音を注意して音を拾いうまく立ち回っていきましょう。また、目で確認できる画面以外にゲーム内の音も重要となるゲームなので、例えば電車の中などの騒音が多い場所でのプレイ自体が向いていないと言えます。PUBG Mobile は銃撃で勝つことも大切なのですが、プレイの基本は常に動いていることで、一定の場所に隠れられず、ランダムで決まる安全エリアまで終始移動しなくてはなりません。そしてまた、ゲーム中は立ち回りをよく考えて、ウィークポイント(頭部など)を狙われないように充分に気をつけましょう。もし、至近距離で変な音が聴こえた場合、迅速に身体を潜め、物音がした側から敵対するプレイヤーの動きを相手が気付くよりも早く掴んで、生き残りましょう。

最新アップデート後のシャドウバースだと、「聖獅子」デッキがものすごい脅威となっています。

シャドウバースの現バージョンだと、「聖獅子」関連のデッキが存在感を増しています。そういうわけは新カードの「救済の聖獅子」が非常に強すぎることも影響しています。それもそのはず、4コス2/5なのでかなり取りにくいです。この1点だけでも厄介であるのに、さらに守護がついているから守りにも使えるんです。さらにそのうえでまた強化した場合は攻撃力/体力→4/7とアップされるので、序盤から攻撃を仕掛けていく自分自身がアグロデッキの場合は、これだけで詰むリスクとなるのです。加えて、進化時に聖獅子カード一枚を手札に加えて、0コスにするので、聖獅子がどんどん成長していってしまうのです。ですから実際この聖獅子デッキで連勝が止まらない人も続出しているようです。

ゲームは大好きなのですが、毎日、ゲームばかりしているのです・・

ゲームするのがとても大好きです。暇さえあれば、ゲームをしているのですが、はまるゲームであっても、「すぐに飽きてしまう」ことが悩みの種でもあります。それというのも昔と違い、情報過多で娯楽も無数にあり、色んなことに目移りしてしまう状況なので、一度、夢中になったゲームでもあっという間に飽きてしまいどうしても次のタイトルをチェックしてしまいます。現代人特有の問題であり、また、困っているのは私だけではないはずです。いくらゲームを購入しても、楽しくなくなって、趣味として思い切り楽しもうとプレイしているゲームなのに、そのゲームのことは忘れ次に遊ぶタイトル選択にイライラしているのでは意味がないというふうに思えてしまいます。

ヒットゲーム『人狼ジャッジメント』は、「発言をしない・・

大人気ゲーム『人狼ジャッジメント』は、「発言を遠慮しているプレイヤー」については「自分の正体を知られないようにしている」それは「正体は人狼だから」と結び付けられるため、チャット内での発言を躊躇していると一番先に処刑の対象として、選別されていまします。周りの人から処刑すべき人狼だと怪しまれないように、他プレイヤーが書いた内容は熱心にすべて読まなくていいので自分自身の考えをしっかりチャットに流すことが大切なのです。ですので、攻略のために、ある程度、セオリーを知り、YouTubeの実況動画などで自分なりにスキルアップを狙っていくのが手っ取り早いです。

シリーズファンも多いスマートフォンのゲームアプリのFGO(フェイトグランドオーダー)ですが、…

スマートフォンのゲームのFGO(フェイトグランドオーダー)は、RPGゲームなんです。聖晶石召喚(ストーリー)をプレイする際、演出などによって姿を現すカードの姿というのが多少ではありますが、判別することができるんです。もしも、召喚の絵の時線が一本現れたら概念礼装(がいねんれいそう)、3本線の時はサーヴァントのはずです。サーヴァントのガードには銀色・金色の2種類があるのですが、銀色の場合だと☆3のサーヴァント、金色の場合は星4以上のサーヴァントです。それと金色のリング状の物体が出現したケースであれば☆4以上のサーヴァント、虹色の場合は☆5サーヴァントが確実になるわけです。

スマホ専用のゲームである人気タイトル『ドラゴンクエストライバルズ』で…

スマホ専用ゲームの超人気タイトル『ドラゴンクエストライバルズ』では、プレイヤーの分身=リーダーキャラをプレイヤー自身の好みのものに選択できます。慣れていないうちは、MP(カードの使用に必要なポイント)を上げれば強力なモンスターを割とすぐに使用できてしまう「魔剣士ピサロ」カードを選択しておくと良いでしょう。もしもカードデッキ構築に悩んでしまったら、友人のカードデッキだとかもしくはネット検索で見付けられるカードデッキとかを見ておいて、慣れるまではまるごと試してみるのもお勧めです。仕組みの理解ができてきたら、思い入れのあるヒーロー・モンスターを加えてみて、特徴のあるカードデッキを編成していきましょう。

ログインボーナスをゲットしたくてスマホのアプリゲームを日課のように…

ゲームを始めるともらえるボーナスが欲しくてスマホゲームをつい毎日やっています。それに、毎日ログインしているともらえるボーナスも増えるしなおさらやってしまいます。だけれども、たぶんこのゲームをしなくても差し障りないような気がします…。なぜなら、実際、そんなに、のめりこんでいるというわけでもないからです。日課のように、ボーナス欲しさにログインはするんですが、最近では、ゲームをプレイしないことだってあります。でも長い間積み重ねてきたのにって思うと、ついついスマホに手をのばしてしまう未練たらたらの自分の存在にも気づいています。それから無課金でここまで出来てすごい!という思いもあったり。お金を使っていたらほぼ確実にランキングももっと上にいっているでしょう。

一時期、爆発的に流行したAgar.ioは簡単に言えば捕食ゲームなのです・・

前に、爆発的に流行ったAgar.ioとは簡単に言えば捕食ゲームなのですが、Agar.ioというタイトルのゲームはグリーン系のギザギザのものがあります。それにボタンをプッシュし自分の分身を放り投げることを続けることにより、破裂します。そのタイミングで近くにいるキャラクターたちは最小限にバラバラになります。ですから、そこに目を付けるのです。もしも、成果が出れば突如得点が大量に増えます。また、これは自身がピンチなときに隠れる、さらに自身が崖っぷちの時にも逆に良い状況に変えることが出来ます。

スマホのゲームのFate/Grand Orderを楽しんでいる人たちに・・

スマートフォンのゲームのFate/Grand Orderを楽しんでいる人たちには、可能な限りどんどん同じゲームをしている人に友達申請をすることをお勧めさせていただきます。というのもクエストをするときには自分の手助け役としてフレンドじゃなくても他にプレイしている人のサーヴァントを1つ引きつれることが了承されているわけですが、友達の関係でない人のサーヴァントは宝具を使用できないからです。宝具が使えないとストーリーに限らず、それぞれのクエストを楽しもうとすると障害となってしまいます。

私はもともとスマホゲームなんて一切の関心はありませんでした。

今まで私はスマートフォンのゲームに興味はありませんでした。というよりも、それ以前に、どんなゲームでもはまったことがないですし、するつもりもありませんでした。が、この間とあるスマホの新作ゲームに、私のとっても好きなイラストレーターさんがデザインしたというキャラクターが登場するということになったのです。どうしても見たいのでしょうがなしにゲームアプリをダウンロードし、プレイしました。だけど、私が気になっていたキャラは、ゲーム内でもレアで膨大な時間プレイし、さらに課金をしないと入手しにくいキャラだったので、それを手に入れるために、望まざる形で私は見事にゲーム沼に嵌ってしまいました。