game

大人気の『人狼ジャッジメント』は、ゲーム本編のダウンロードをする・・

人気アプリの『人狼ジャッジメント』は、ゲーム本編のダウンロードをするのと基本プレイするのは無料で提供されていますが、課金することで、いろんな機能拡張が可能です。オンライン対戦だと、1日に5回をMAXとしてタダで遊べますが、(通信料は別)もっと遊びたいのなら、課金すればプレイできます。ほかに、それぞれのゲームキャラクターのイメージ画像をチェンジしたり、対面プレイ用の役職の追加についても、課金により可能となります。対面プレイ用の役職については基本8職のみ無料で、残りの全46職のセットが4,800円で提供されている他、150円でひとつの職業ごとに購入もできます。ですが、対面対戦の場合では46職も使うシーンがほぼないと思うので、必要に迫られたら追加で1職ずつ購入された方が良いでしょう。他のゲームとは異なり、課金したからといってゲームの有利不利が変わるワケではありません。

ずっと私が遊んでいるゲームは、パズルゲームに分類されるバブルマニアというものです。

私がずっとダウンロードしているアプリゲームは、パズルゲームのバブルマニアが、友達にすすめられてから、それならと遊ぶようになったのですが、好きな感じのゲームだったこともありはまってしまってもう長い事プレイしているというわけなんです。このバブルマニアですが簡単で、単純にボールを投げてバブル(泡)がなくなっていったらOKというだけのルールです。単純だから疲れないせいか、長くプレイしてしまいがちで、ゲームのキャラクターも良い感じで大変可愛いのです。なので最近では自宅だけでなく仕事の休憩時間になると遊んでいます。

スマホゲームである『PUBG Mobile』は日本だけでなく全世界で…

スマホのゲームアプリである『PUBG Mobile』は日本のみならず世界中でプレイされているパソコン用オンライン型バトルロイヤルゲームのPUBGのスマートフォンバージョンになります。スマートフォンに登場するまでは実際のところゲームソフト購入だけでなく、高価格でハイスペックの、ゲーム用のゲーミングPCを揃える必要がありました。ですが、大人気ゲームがAndroid版そしてiPhone版の両方でいつでもダウンロードして遊べるようになったことから(しかも無料です ※内課金はあります)より遊びやすくなりました。そんなわけで元から多かったプレイヤーがハイペースでさらに増えています。100人のプレイヤーが集うエリア内で、生き残るべく激しい銃撃戦をかいくぐり最後の一人になる…。この緊張感がやみつきになるんです。

大人気スマホゲームであるクラロワ(クラッシュロワイヤル)は…

スマートフォンの大人気ゲームアプリのクラロワは普通分類すると攻撃系に加えて防衛系のデッキに区別できますが、防衛部類はほとんどが守り続けてカウンターを狙うといった風な戦い方になるのですが、なんとなく押し売りが多いのではといった感じの攻撃タイプも実際のところゴーレムなどはエリクサーアドバンテージといい現段階で何エリクサー儲けているのか、ということを計算している人が名手には多いようです。例えば自分が4エリクサーのユニットを3エリクサーのユニットで守り切れたら1エリクサー稼いでいますよね?こういったみたいにエリクサーがどれくらい得したのかを数えていってその得が集まった際に一気に攻め込みます。

スヌーピーメインの箱庭ゲームアプリをかなり前からやっています。

私はスヌーピー主体の箱庭的なゲームを長い間しています。このアプリですが、わりかしお金をかけなくても遊ぶことができ、また、1日のうち一回、起動するだけでいいから自然と長いスパンでしているゲームです。ゲームしたての時よりもお庭がかなり充実してきて、スヌーピーにでている多くのキャラクターもお庭に置くことができたのがこの頃の至福の時です。めったに出てこないレアなキャラクターもいるから、最近では、スヌーピーのキャラクターに関してもより詳しくなりました。

ふつうは受験を控えているなら、遊ぶ時間もなく寝る間も惜しみ勉強する、、…

世間では受験シーズンと言えば、遊ぶ暇もなく寝る間も惜しんで勉強する、、、のが当たり前かもしれないのですが、私はといえば受験シーズンの最中もスマホのゲームで楽しく過ごしていました。ですが、難なく志望校に入れました。何故かと言うと大半のスマホのゲームというものは、一気に長い時間ゲームをプレイすることができません。プレイするごとにポイントを消費し、使い切ってしまうと、一定時間の休憩を挟まないとプレイできないものが普通です。そのような理由から、少しだけ遊び、ポイントをある程度回復させて、再び遊べるようになるまで勉強をする、という流れで適度に息抜きしながら受験対策をしていきました。

人気ゲーム『人狼ジャッジメント』の基本の流れです・・

人気アプリの『人狼ジャッジメント』における基本になる流れとしては、昼、夜の周期の繰り返しです。昼と夜のフェーズの中で、昼は皆(市民側も人狼側も)が話し合う時間で、人狼だと思しき人物を投票によって一人選び、投票により選ばれた人を処刑によって始末します。選出されるとお終いです。そして夜の段階では、人狼が話し合い市民1人を襲います。市民だったら死んでしまいます。市民陣営は、人狼のすべてを処刑し終えたら勝ちで人狼は処刑される前に市民の数を生き残っている人狼と同数まで減らすことが出来れば勝利になります。そのため、人狼は市民のふりをしながら市民の疑心暗鬼を煽り処刑の矛先をそらし、市民同士が処刑するようしむけていき、周りに怪しまれた市民プレイヤーは皆を論理的、感情的に説得して自分が処刑されないように回避する努力が求められます。

スマホで遊べる物語シリーズぷくぷく。このゲームで高スコ・・

スマートフォンでできる〈物語〉シリーズぷくぷく。このアプリで高い得点を残したいのならば、最も期待できる美少女、千石撫子の使用で目指すのが好ましいです。その理由はこのゲームの得点ランキング上位はほぼ千石撫子で埋め尽くされていると言っても決して言い過ぎではないからです。カードの能力がナンバーワンで、もしも、千石撫子以外で上位ランキングに入りたいならば、人並み外れたチャンス、さらに人よりも長けた技がなければ無理でしょう。

シャドウバースの12月のナーフについては、えっどうして?と混乱してしまった・・

シャドバの12月にはじまったナーフ(弱体化)は、えっなんで?と混乱した方も結構いたと思います。そのうち、特に「スカルリング」カードの3コス→4コスへの調整は本当に謎でした。けど、これには利点があります。明らかにコストは増えました。だけど、その代わりとして、これまでは必要だったネクロマンスが必要なくなるので中盤からの「オルトロス」や後半の大きなダメージを狙える「デスタイラント」といった状況で必要分となるネクロマンスを今までよりも維持しやすくなりました。ここで、どういったデッキに入れるかが問題となりますが、それはやはり「骸の王」デッキを選んでおくべきでしょう。なによりも4コストとなり、盤面に3体出せるため、「スカルリング」を入れておけば「骸の王」を出現させやすくなります。

私はスマホのゲームアプリであるバブルマニアが好きでずっ・・

私はスマートフォンのゲームのバブルマニアが好きで長い期間、していたのですが、スマホの本体を変えたら大好きなバブルマニアが、悲しいことに新規登録の画面になってしまいました。スマホを機種変更することによりそれまでのデータの移行が不可能なこともあるのですね。パズドラなどといったたくさんの人が使っているアプリは機種変しても今までプレイ途中からプレイ可能なのに…。頑張ってかなりパスしてきたのに、また改めて初めに戻るなんてほんとにやっかいです。ですが、気に入っているアプリだからまた最初に戻ってコツコツ頑張ろうと思います。これが本当のバブルマニアというのでしょうか。

これは私が知人の家に久しぶりに遊びに行ったとき、時代の変化をものすごく感じた話です。

これは私が知人の家に遊びに行ったとき、時代の流れをものすごく感じた話です。土曜日だったので、普段は幼稚園に通っている4歳になったばかりの息子さんも家にいました。しばらく一緒に遊んでいると私のスマートフォンを貸して、と言うのでもの珍しいのかと思って、その子にスマホを渡したのですが、ためらうこともなく、カンタンに大人と同じような手つきでディスプレイを指でタッチしたり、スクロールしたりしながらゲームを起動し、遊び出しました。スマホの扱い方や、ゲームの操作方法を理解しているということにも、もちろんビックリしましたが、私の世代は成人してからようやく携帯電話を手に入れた程度で満足していたというのに、ここ最近は、私の時とは違いまだほんの子供である幼稚園児から普通にスマホもあり、ゲームで遊べるんだなあと、とてもビックリさせられました。

大人気の『ドラゴンクエストライバルズ』というのは、遊んだ人も多いであ…

人気のある『ドラゴンクエストライバルズ』というゲームは、熱中した人も多いであろう長い歴史を持つ国民的RPG・ドラゴンクエストのスマートフォン用のカードゲームです。歴代のドラゴンクエストシリーズで人気を博した主要キャラクター達、それからモンスター達の両方を手札として、敵となるプレイヤーと1対1のバトルをしていきます。もちろん、基本プレイに関しては無料です。加えて、ゲームはじめたての頃に、なんとタダでレジェンドレア確定含めた魅力的なカードパックチケットを受け取れるシステムなので、仮に後発プレイヤーの方でも、すでに始めていたプレイヤーと大差をつけられることなく、一切課金なしで充分追いつける仕組みになっています。