game

このシリーズのファンも多いスマホゲームFGO(フェイトグランドオーダー)・・

このシリーズのファンも多いスマートフォンのゲームフェイトグランドオーダー(FGO)で、同一の、星5より多いサーヴァントを受け取った時6騎目から獲得ごとに「無記名霊基」という名のツールが1つ与えられるのです。聖晶石召喚については、このアイテムを10個入手すると、手に入れたい星5のサーヴァント1騎と取り換えることができます。ただし、注意が必要なことがあって交換対象は取り換えようとする時点で聖晶石召喚の中にある☆5のサーヴァントに制限されます。しかしながら、回数は決められていませんからもちろん、無記名霊基が欲しいサーヴァントの分だけゲットしていたら無制限で思う存分☆5サーヴァントと交換できます。

ゲームはずっと好きですが、オンライン上でゲームをやることに…

ゲームが趣味なのですが、オンライン形式のタイトルをプレイすることは、抵抗があり、ずっと避けてきました。だけでも、ゲームのなかであるにも関わらず、待ち時間なく、ゲームの攻略に役立つ情報交換、アイテム交換、また世間話できるのは、実際に遊んでみたら、面白いです。その中でそのほか、ゲーム内のキャラのようなガタイのいい男だと思ってゲーム内で延々と会話しつつ、協力し合ってゲームを進めていたフレンドさんがなんと実際は若い女の子だったことが判明した際にはめちゃくちゃ驚きでした。「何!」と。長い間、気づかなかったのでオンラインゲームは実際にやってみると面白いなぁ、すごいな!と思いました。

スマートフォンのゲーム、バブルマニアでは、30分ご…

スマートフォンの人気ゲーム、バブルマニアですが、30分を超すごとにライフがもらえるように変わりましたが、それからは、打ち込む時間が長時間になりました。変更される前までは1時間に1回だけしか回復しなかったから、今のように夢中になるわけでもなく、気が向いたらプレイする、といった感じでした。だけど、30分に1回に増えたらどうしても、のめり込んじゃいますよね~。しかし、こうして長い時間夢中で遊ぶのもよろしくはないですよね。と言いながらも、ついアプリをひらいてしまうのです。今まででずいぶん進んだので、今より難しいところに遭遇したらその後はもうこのゲームをしないようにします。

スマホゲームなどに課金をするのは私には全く理解できません。

スマートフォンのゲームアプリなどに繰り返し課金するのは、私には意味がわかりません。落ちついてじっくり考えてみてください。スマホゲーム内で高性能なキャラクターや、かわいいキャラクターを収集するためにけっこうな大金を費やしたとして、そんなゲームを一体どのぐらいの期間遊ぶ予定でいるのでしょう。それ以前にいつまでそのゲームは存続してくれるのでしょう?かなり苦労して(課金して)集めたキャラクターやアイテムも、そのゲームそのものがサービス終了となったら、価値がゼロになります。このような点を考慮しても、スマートフォンのゲームアプリに課金する行為は危険と思えてしまいます。

スマホのゲームアプリでかなり人気の『PUBG Mobile』…

スマートフォンのゲームで人気のある『PUBG Mobile』ではゲームするときのサーバーのエリアを「日本・韓国」、そして「アジア」、「ヨーロッパ」、「北アメリカ」、「南アメリカ」という選択肢からプレイヤーの好みで選択することができます。しかし、エリアによってプレイヤー達の腕前、またプレイの特徴が、違ってきます。日本国内の高速回線を使用していれば、どのエリアで遊んでも通信異常となる確率は低く、肝心のゲーム結果には重大な影響はありません。とはいえ、各々の地域のプレイヤースキルや、特徴がかなり違うので、そこは要注意です。ちなみに、接続エリアの中で断トツでプレイヤーのレベルが高いのは、日本・韓国のエリアのようです。

遊戯王デュエルリンクスについては、新弾パックがリリースされるのが速すぎ・・

遊戯王デュエルリンクスでは、最新パックがリリースされるペースが速く環境についていけない人が増加しています。黎明期では「カラテマン」を用いて1キルを獲得するワンキルデッキや、恐竜族をパワーアップさせ戦うデッキがすごく流行っていました。これらのデッキだと、展開がゆったりしていて、それまで遊戯王をしたことがなくても実際に経験をしながらある程度のルールを理解できました。ところが、ちょうど「機械天使」デッキが登場したあたりから、一気にインフレ状態となりました。専用サーチ能力が豊富なことにより、デッキの回転が凄まじく、それに耐性も付与できるので、簡単には除去できないという飛び抜けて強くなっていきました。現在はキーカードが制限カードに指定され弱体化されましたが、その一方で、「ブラックフェザー」のような、展開力がとんでもないカード類が新たに出現しました。

家庭用だろうがスマホだろうがゲームの世界というのは日進月歩といえるレベルで進化しています。

家庭用だろうがスマホだろうがゲームの世界は進化していて、グラフィックの細部にまで拘り抜いた圧巻ともいえるリアル路線に進むタイトルがリリースされる中、まったくもってそれとは対称的に、ゲームが出始めた初期のようなシンプルさが魅力のゲームなどが支持されている現実があります。ご存知のとおり、現代社会に生きる人というのは多かれ少なかれストレスフルな世の中に気力をそがれているため、ゲームをしている時まで相当難しい操作方法、またゲームシステムを理解するのを煩わしいと感じる人もけっこう多く、昔からあったパズル、選択問題などのクイズ系、タップするだけでできる間違い探しだったりすぐにプレイできる簡単でゲームに注目が集まっているのです。ただ、すぐ理解可能なゲームシステムである、とは言ってもその反面、ゲーム内に登場するイラストが緻密であったり、癒やしの要素が盛り込まれているとニーズがあがり、ファンが付きやすい傾向にあります。

人気の『人狼ジャッジメント』というのは、スマッシュヒットしたテーブルゲームとして知られる…

『人狼ジャッジメント』とは、大ヒットしたテーブルゲームである『人狼』というゲームをもとにオンライン、対面方式の双方にて楽しめるよう作られたアプリで、基本プレイ無料のゲームアプリになります。プレイヤーは市民陣営と人狼陣営の二手に分かれます。自分の正体(市民か人狼か)を隠し、周囲のプレイヤーを欺きながら他のプレイヤーたちの正体を推理し、敵対するプレイヤーを的確に排除して自分の陣営を勝利に導くゲームになっています。他プレイヤーとの駆け引きに他のゲームアプリにはない楽しさが集約されていて、4名からプレイできるのも魅力です。(最大は20名)

『人狼ジャッジメント』の対面対戦は、オンライン対戦と異なり回数制限などな…

大ヒットゲーム『人狼ジャッジメント』の対面対戦のときは、オンライン対戦と異なり回数制限は設けられておらず、基本的なスキルを持った(8役職)役職はそろっていますので、無課金でも十分ゲームを堪能できます。クラブの合宿とか修学旅行、そしてクリスマスといった学校仲間で集まるときや、お正月などの家族で集う時など、人が多く揃っていると本当に面白いです。ですが、家族5人(我が家の場合)だけで遊ぶ場合でも色々なドラマがあって面白いです。つい最近プレイしたときは私のお父さんの役職が狩人で、お母さんを市民だと思いガードしていたはずが、実はお母さんは人狼だと判明し夜フェーズのときに襲われてしまった、とか。熱くなりすぎて現実の喧嘩に発展する場合もあって、はたから見ると違う意味でも面白いです。

人気ゲームの『人狼ジャッジメント』にて疑われないように上手に立ち回るコツは・・

大人気ゲーム『人狼ジャッジメント』のオンライン対戦にて怪しまれないようにうまく立ち回る上では、決して聞き役だけにならず、よく発現する、ことが大切です。しかし、無意味なことをむやみに発言しないようにしなくてはいけません。そしてそのうえで、自身の推察をはっきり発言するという点を守っておく必要があります。ルール上、周りの人たちすべて怪しいと考えてしまいがちですが、あなた自身の発言をコロコロ変えていると疑われてしまいます。また、自分が初心者だと名乗っても周囲から嫌われやすく、初心者を理由に発言を控えていても容赦なく処刑されます。とにかく匿名で遊べるオンラインとはいえ、絶対に他プレイヤーを誹謗中傷しないように、やさしく、楽しく、紳士・淑女のようにゲームすることを意識してほしいです。

スマホゲームFGO(フェイトグランドオーダー)で…

人気のスマホのゲームフェイトグランドオーダー(FGO)では、聖晶石召喚にトライする際サーヴァントには、天地人属性と言われている隠しパラメータが存在します。天地人属性なんですが、英霊(戦死者の霊を敬った言葉)の生まれに関連していて、神話に現れる神なんかに関与しているサーヴァントだと「天」属性、古くからの話やその場に伝承されている神話なんかにまつわるサーヴァントの場合「地」属性、ならびに現実に生きていたとされている人物が亡くなり霊になったサーヴァントだと「人」属性を持っているのです。さらにその他の属性として、どれにも当てはまらない「星」属性と「獣」属性と呼ばれるものがあります。

人気のスマートフォンのゲームアプリのモンスターストライクですが・・

大人気のスマホのゲームのモンストですが、このモンスターストライク(モンスト)に関しては敵に与えられるダメージの良い状態の割合が年単位で取り決めがあるから、白猫みたいに最強キャラクターが出てきても、次回のガチャでそのキャラを獲得したことを棒に振ってしまうような場合や、パズル&ドラゴンラにおける曲芸師の感じで、そのキャラのおかげで適当にしておけばほぼ完全にダンジョンを達成するようなことは起きません。スマートフォンのゲームを提供している側からすれば常に強いキャラが出るようにしてユーザーにガチャをプレイするように仕向ければいいわけですが、そうなってしまうと遊ぶ人は飽きてしまい去っていきます。