game

シャドバに登場する「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」ですが…

シャドバに登場する「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」に関しては、性能が良いカードでもあり、ナーフされても未だ強さを保持しています。「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」はこれまでがかなり強かったので、最新バージョンでもこのカードをエンハンスで使用すれば全体に一点のダメージ→自身が進化、さらには自身がダメージを受けたら相手のフォロワー1体、相手のリーダーに3点ダメージを入れられるのでめちゃくちゃ有利になります。とにかくこんな風に、現在もかなりメリット大なカードの部類に入るのです。しかしながら、ナーフ前と比較すると火力が劣るので注意が必要で作戦の見直しが必要かもしれませんね。

その内容から話題にもなったスマホのゲームアプリのGodus(ゴッダス)がどういうゲームかといえ・・

スマートフォンのゲームのGodus(ゴッダス)という名のゲームといえば自身が神となって良い世界にするべく信仰する人を探し求め信仰者を増殖させていく、という中身になっているんです。このGodusに別の種族として出てくるアスタリは隕石というものを利用すれば滅ぼすことが可能です。加えて信者をバカにしているアスタリ族は神の指という名の奇跡を用いて潰すことが可能です。その他にアスタリが存在している近辺を毒の沼で乱すことでアスタリに不快な思いをさせることはできるわけですが、死には至りません。でもアスタリがその場所から退散することはあります。

シャドバ内に登場する「グレモリー」のカードですが、2回・・

シャドバに登場する「グレモリー」カードは、1度のみならず、2度もナーフを受けてしまったカードです。悲しいカードなのです。だけど、今現在でも、本当は攻略に欠かすことのできないカードで加えて、アーカスネクロの強さをサポートできる便利なカードなんです。何故かと言うと1コストであっても出せるので腐るのを避けることができますし、それにエンハンスで出せばなんと盤面のモンスターすべてを進化させると同時にプレイヤー側の全モンスターを対象にドロー効果を与えてしまうというまさにチートレベルの頼りになるカードであります。それだけでなく、相当強いレジェンド「冥界の番犬・ケルベロス」のカードとの相乗効果もかなり期待できます。

パソコンでもプレイすることができるスマホのバトルロイヤルゲーム…

PCでもプレイできるスマホのゲームアプリ、荒野行動はPUPGを真似しているのだが、FPG100人態勢のゲームアプリをスマホゲーム界に普及させることに関しては一役買いましたのでその面では実にあっぱれといえます。ただし、PUPGのコピーゲームということは譲れませんが。ゲーム好きの知り合いにそのことを伝えても、最初に出てきたのは荒野行動の方で偽物を作ったのはPUPGだ!と信じている人もほとんどだったので私としてはびっくりしました。それにPUPGと比較して断トツで荒野行動の方が完成度の高いゲームだという人が圧倒的でした。この現実にはもっと衝撃を受けた。パソコンではPUPGをして荒野行動はスマホで、という人もいました。

人気のスマートフォンのゲームFGO(フェイトグランドオーダー)で…

スマホゲームFGO(フェイトグランドオーダー)ですが、同じ星5より上のサーヴァントを獲得した際6騎目以降に「無記名霊基」と呼ばれるアイテムが1つ取得できます。聖晶石召喚では、無記名霊基を10個取得したら、あなたが欲しい星5サーヴァント1つと取り換えができます。だけど、気をつけなくてはいけないことがあって引き換え可能な☆5サーヴァントは交換する時に聖晶石召喚に掲載のある☆5サーヴァントに限られます。なんですが、制限は設けられていませんからもしも、無記名霊基が交換したい数だけ獲得していたら無制限で複数回☆5サーヴァントをゲットできますよ。

これまでオンライン上でゲームをするのは、避けていたのです。

私はゲームが趣味なのですが、オンライン形式のゲームを遊ぶことはどうも抵抗を感じていました。ではあったものの、バーチャルな世界のなかであるにも関わらず、リアルタイムにいろんな情報交換や会話ができるのは、実際にプレイしてみると、楽しいんです。面白い中でそれだけでなく、ゲームのキャラクターみたいなマッチョな男性と思いつつチャットで仲良くしつつ、協力し合ってゲームをしていた相手がなんと実際は若い女の子だったことが判明した時にはめちゃくちゃ驚きでした。本当ですか、と声が出ました。かなり長い間私は彼女の正体に気づけなかったので、オンラインゲームはやってみるとけっこう楽しいなぁ、と感じています。

スマホの大人気ゲームアプリ、バブルマニアは、30分ごとに…

スマートフォンの大人気ゲームアプリ、バブルマニアですが、30分経過するたびにライフが回復する仕様になったんですが、それからというもの、バブルマニアをプレイしている時間もすごく増してしまいました。今までは1時間にたった1度だけだったので、それほどまでにがっつり遊ぶほどではなくて、気が向けばやるという感じでした。30分に1回の復活だったらやっぱり、嬉しくなっちゃいますよね~。ですが、この長時間のプレイはダメだと思います。ですが、どうしても辞めることが出来ないのです。今まででずいぶんステージをクリアしてきたので、今後クリアに時間がかかるステージに行ったらそれ以降はバブルマニアを辞退しようと思います。

スマホのゲームで、幾度となく課金を繰り返すなんて全く意味がわかりません。

スマホゲームで、結構な額を課金することは、私には全く共感できません。冷静に考えてみてください。スマートフォンのゲームアプリで、周りが持っていないような強いキャラクターを収集するためにかなりの大金を出したとして、そのゲームではどのぐらいの期間遊び続けるつもりなのでしょう。さらに、いつまで、大金を使ったゲームは配信されるのでしょう?相当に苦労して(かなり大金を費やして)集めたキャラクターやアイテムも、そのゲームのサービスが終了してしまえば、意味はなくなります。こういった点を考慮しても、スマホのゲームアプリに課金してしまうのはもったいないとしか思えません。

スマホゲームで世界的に人気の『PUBG Mobile』…

スマートフォンのゲームで世界レベルで大人気の『PUBG Mobile』は、プレイするときに接続するエリアを「アジア」と「日本・韓国」などのアジア圏「ヨーロッパ」、また「北アメリカ」、「南アメリカ」と複数ある中から自分自身の好みで選択可能です。選んだ接続エリアによりプレイヤー達のレベル、そして戦い方の特徴が、違う傾向にあります。日本国内の高速回線を利用していれば、どこのエリアでプレイしたとしても、通信トラブルとなる確率は低く、ゲームにおける有利不利には重大な影響しません。でも、各々の地域のプレイヤーの質、特徴がかなり異なってくるので、要注意です。ちなみに、接続エリアの中で断トツでプレイヤースキルが高いのは、日本・韓国になります。

デュエルリンクスに関しては、新弾パックが出るペースが速すぎ・・

デュエルリンクスに関しては、最新パックがリリースされるのが速すぎて環境について行けない人がいるようです。黎明期では「カラテマン」カードを使って1キル狙っていくデッキや、恐竜族の強化を行って戦闘を進めるデッキが一般的に流行しました。これらのデッキは、ゲーム展開がゆっくりで過去に一回も遊戯王を経験したことがなくても実戦を経験しながらそれなりにルールを理解することができました。けれども、ちょうど「機械天使」デッキの到来とともに、一気にインフレが加速していきます。専用サーチが豊富なので、デッキの回転が実に凄まじく、また耐性も付与できるのでそうカンタンに除去できなくなるという飛び抜けた強さを手にしてしまったのです。今ではキーカードが制限カードに指定され弱体化されましたが、一方で、「ブラックフェザー」をはじめとする、展開力のすば抜けたカード類が登場しています。

家庭用・PC・スマホに限らずゲームの世界というのは年々ものすごい進化を遂げていますが、…

ゲーム開発というのは日進月歩といえるレベルで進化していますが、グラフィックの細部にまで拘り抜いた圧巻ともいえるリアル路線の商品展開が進む中、まったくもってそのトレンドとは対称的に、退化しているかのようなシンプルさを売りにしたゲームなどが求められているのも事実です。それは説明するまでもなく、今の社会に生きている人は多かれ少なかれストレス過多な日常に疲れきっているため、楽しむはずのゲーム中までも相当面倒くさい操作方法、またルール等に頭を使いたくなくて、面倒、という人がとても多く、昔ながらのテトリスみたいなパズル、選択問題などのクイズ系、もしくはシンプルな間違い探しといったような、難しい説明のないすぐプレイ可能なシンプルなゲームの需要が高まっているのです。ただ、明快なゲームシステムである、とは言っても分、イラストが充実していたり、癒やしを感じられる世界観を盛り込んでおくとニーズがあがり、ファンが付きやすいようです。

大人気アプリの『人狼ジャッジメント』というのは、もとは大人気テーブルゲームで・・

大人気の『人狼ジャッジメント』は、大人気のテーブルゲームとして知られる『人狼』ゲームをもとにオンライン、対面両方で遊ぶ目的で開発されたアプリで、基本プレイは無料です。ゲームプレイヤーは、まず始めに市民陣営と人狼陣営に分かれます。自分自身の正体(市民か人狼か)を隠し、周りを欺き通しながら周囲の立場を予測・推理して、敵対する陣営のプレイヤーたちをうまく排除し、自陣を勝利へと導いていくゲームです。このゲームは他プレイヤーとの駆け引きに他のアプリにはないような面白さがあって、4名から20名のあいだでプレイできます。