『フォートナイト』は、家庭用ゲーム機、パソコンな・・

『フォートナイト』とは、家庭用ゲーム機・パソコンで大ヒット中のバトルロイヤルゲー・・

『フォートナイト』は、PC、家庭用ゲーム機などでヒット中のバトルロイヤルゲームのスマホ用のゲームです。タダで非常に楽しむことのできるゲームを国境を越えて遊ぶことができるのだから、他のゲーム会社殺しと業界内で言われてもまあ仕方ないことかもしれません。スマホアプリでも似たようなバトルロイヤル系は複数あったりしますが、同様のバトルロイヤル系である他タイトルとは違って、斬新なアメリカンポップなトゥーン調のデザインでとっつきやすく、日本では女性や、小学生プレイヤーも多くいて、平均的なプレイする人の年齢層が低い特徴があります。シンプルなシステムであることから、事実、年齢をあまり気にする必要はないでしょう。日本人小学生などの小さな子供たちが、アメリカの大人と混じって遊ぶことも、普通に可能な最近のゲームには驚かされます。

スマートフォンの大人気ゲームアプリである『人狼』をオンライン上でプレイす…

『人狼殺』(ジンロウサツ)というゲームは、オンライン形式でプレイできる音声チャットを介した対戦ゲームです。各地のプレイヤーと会話しながら平然と敵対するプレイヤーを騙したり、さらに、敵のウソを見破って相手の本当の正体を探って勝利を手にしましょう。2018年には『人狼殺』のプレイ動画YouTube実況をするゲーム系チャンネルがけっこう人気を獲得しました。それもありYouTubeのゲーム実況動画を見たことがきっかけで自身も『人狼殺』のゲームを始め、その直後、動画を配信する側に回る人が増えています。たくさんの支持を得ている人気配信者(ユーチューバー)の生配信だと、何千人もの視聴者が視聴していますし、人気ユーチューバー同士が対戦するイベントも頻繁に展開されています。

スマホのゲームアプリで世界で大人気の『PUBG Mobile』で…

スマートフォンのゲームアプリで世界的に人気の『PUBG Mobile』は、だいたい30分のあいだに総勢100名の中で生き残りをかけて銃を撃ち合うバトルロイヤル形式の対戦型シューター、なのですが1人 vs 99人のモード(ソロ)以外にも、2人で戦うデュオ、それから4人チームのスクワッドでも選択可能です。チームで対戦する場合、マイクを介してやりとりする音声会話に加えて文字入力によるテキストチャットを用いて、コミュニケーションが図れるので、連携によって、敵チームをやっつけていきましょう。スクワッド(4人)の場合、それぞれが個別に行動することも少なくはないのですが、この場合は、チーム同士の戦闘になる状況を想定し、早めに合流してチームのみんなで互いをカバーしあったほうが格段にゲーム展開がより有利になります。

シャドバ内の「蝙蝠ヴァンプ」カードは、最新バージョン・・

シャドバ内に登場する「蝙蝠ヴァンプ」は、最新バージョンで俄然強く、使えます。というのは1コストで4回自傷しつつ相手リーダーにも計4点も与えることができる「鮮血の花園」に加え、0コストで自傷できておまけに、ドロー効果を持つ「不穏なる闇の町」のカードが「闇喰らいの蝙蝠」と相性がぴったりで少なく見積もってもおよそ10点程度の火力であれば、けっこうカンタンに出せます。さらに4回の自傷を経たなら、デッキから登場する「フラウロス」カード、さらにさらに自傷7回で相手モンスターを破壊しながら疾走の能力を持つ「姦淫の絶傑・ヴァーナレク」カードも相当に強いです。おそらく使い勝手があります。

シャドバの「侮蔑の絶傑ガルミーユ」は、性能が良いカード・・

シャドウバースで登場する「侮蔑の絶傑ガルミーユ」については、性能が高いカードでもあり、ナーフ(弱体化)されたあとになっても未だ強いままです。調整される前もインチキのような強さだっただけで、現行のバージョンもガルミーユをエンハンスで用いれば全体に一点ダメージ→自身が進化→そこに自分自身がダメージを食らったら相手のフォロワー1体と相手リーダーに3点ものダメージが入るのはめちゃくちゃ有利になります。といった感じで、最新バージョンでも「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」は本当に安定性にすぐれたカードと言えるのです。なんですが、どうしてもナーフ前(弱体化)と比べると火力がダウンしているから作戦を立て直す必要があるかもしれません。

スマホゲーム、Godus(ゴッダス)という名前のゲーム・・

その内容から話題にもなったスマホゲームのGodusという名のゲームといえばあなた自身が神になりより良い世界にするべく自分を信じる人を見つけていき信じる人たちを広げていく、というシナリオなんですが、このGGodus(ゴッダス)の中には神と違った民族者としてお目にかかるアスタリは隕石を投げ込めばやっつけることが可能なんです。それにプラス信者をバカにしているアスタリ民族は神の指という名の奇跡を用いやっつけることもできます。またアスタリ族がいるあたりを毒の沼で汚すことで嫌な思いをさせることは可能だが、先の二つの方法とは異なり死ぬまでには至りません。ただ、この毒の沼でアスタリが逃げることはあります。

シャドウバースに出てくる「グレモリー」は2回もナーフ(弱体化)が入ったカードです。

シャドウバースの「グレモリー」ですが、2回もナーフを受けてしまったカードです。とはいえ、未だに実はかなり役立ってくれるカードでそれに、アーカスネクロの強さを下支えできるカードなんです。理由をいうとたった1コスで出せるため、腐らない上、それにエンハンスで出したのなら盤面のすべてのモンスターを進化させてすべての自分のモンスターに対し、ドローの効果を付与可というまさにチートレベルのカードといえます。また、非常に凄いレジェンドカード「冥界の番犬・ケルベロス」との組み合わせについても期待値は大なんです。

PCでも遊べるスマートフォンのバトルロイヤルゲームである荒野行動はPUPGのパクリだが…

PCでも遊ぶことのできるスマホのバトルロイヤルゲームアプリ、荒野行動はPUPGを真似しているのだが、FPGが100人ものスケールのゲームアプリをスマホゲーム内に広めることに関しては功を奏しましたからその面については実に素晴らしいといえます。ですが、先に出ていたPUPGをパックった偽物であるということは譲れません。だけど、知人とその話をしても、最初に出てきたのは荒野行動の方で真似したのはPUPG!と信じている人が大半だったから私としてはびっくりしました。おまけにPUPGより絶対に荒野行動の方が完成度の高いゲームだという人が大勢いました。この現実には余計に驚きでした。何人かはPCではPUPGをプレイし荒野行動に関してはスマホでする、という意見もありました。

ファンも多いスマホのゲームアプリフェイトグランドオーダー(FGO)ですが…

スマホのゲームフェイトグランドオーダー(FGO)ですが、一緒の、☆5以上のサーヴァントを受け取った時6騎目以降に「無記名霊基」という名のツールが1つ与えられます。また、聖晶石召喚に関しては、このグッズを10個取得すると、あなたが手に入れたいサーヴァント1つ(☆5)と換えることが可能なんです。けれども、気を付けるべき点があって換えることが可能なのは交換する時点でストーリー召喚に実装されている☆5のサーヴァントに制限されます。しかしながら、回数は決められていませんからもし、無記名霊基が欲しいサーヴァントの分だけ持っていたら複数回☆5のサーヴァントを獲得できるのです。

私はこれまでオンライン物のタイトルをプレイすること…

私はこれまでオンラインゲームをすることは、抵抗を感じていました。とは言うものの、バーチャルな世界のなかであるにも関わらず、同じようにプレイしている人たちと即座に色々な情報交換、アイテム交換、会話ができるのは、実際に遊んでみると、かなりクセになります。その中でさらに、ゲームのキャラクターみたいなムキムキな男だと思ってチャットで長々と会話しつつ、協力し合ってゲームをしてたフレンドが実際は若い女の子と判明した時には非常にビックリしました。長い間、男だと思っていたのでオンラインゲームは実際にやってみると楽しいなぁ、なんだかすごいな!と思いました。

スマホの大人気ゲームアプリ、バブルマニアでは、30分経過するたび・・

スマートフォンの人気ゲームアプリのバブルマニアでは、30分経過するたびにライフ回復が行われるように変更されたんですが、それ以来、楽しむ時間が増加してしまいました。変更される前までは1時間経つたびにたった1度だけの復活でしたので、そんなにはのめり込むこともなくて、たまにやる、といった感じでした。30分に1回はどうしても、嬉しくなっちゃいますよね~。ですが、はまり過ぎるのもいいはずがないと思います。と言いながらも、ついついやってしまうのです。今までで割とステージを進めてきたから、さらに難しいステージに来たらそれ以降は遊ばないようにしようと考えています。

スマホのゲームアプリで、繰り返し課金することは、私には全く共感できません。

スマホゲームで、繰り返し課金をするだなんて理解できません。冷静になって考えてみましょう。スマホのゲームアプリで、周りが持っていないようなレアなキャラクターをゲットするのに大金を費やしたとして、そのゲームで一体どのぐらいの期間遊ぶ気でいるのでしょう。というか、いつまで、大金を使ったゲームは配信されるのでしょう?相当に苦労して(課金して)入手したキャラも、その運営元がサービス終了を決定してしまった時点で意味はなくなります。このような問題を鑑みても、スマートフォンのゲームに課金するという行為は危険と思えてしまいます。

game